TOEICの攻略方法

TOEICは試験の一つではありますが、攻略要素の大きいテストであると言えます。英語の実力が同じくらいでも、問題の特徴を攻略できているかどうかで、点数は大きく差がついてしまう試験の一つであると言えるでしょう。TOEICは時間配分が大きい試験です。リスニングは皆同じ時間配分でやっていると考えるかもしれませんが、問題用紙に書かれている質問を必ずリスニングより先に確認しておくことが鉄則です。リスニング内容を聞いてから問題文を読むようでは答えを考える時間が短くなってしまいますし、どのキーワードを集中的に拾ったらいいのかわからないままリスニングを聞くのは非常に勿体ないことだからです。そしてリスニングが終わってからの時間配分もとても重要です。初めて過去問に取り組むときは、わからずとも時間内に最後まで答えを書くことを目標にし、時間の感覚をつかみましょう。自分の得手不得手を知り、リスニングが終わった後、どういう時間配分で、どの問題から解くかをあらかじめシュミレーションしておくとさらによいでしょう。時間内に解くという訓練を重ねることで、実際の試験に余裕を持って取り組むことができます。また、時間配分をシュミレーションしておくことで、自信のない問題にむやみに時間を割くことなく、割り切って、テンポよく問題にあたっていくことができます。

 

TOEICでいい点をとる攻略法

TOEICの点数がいいからといって英語が喋れるわけではないとよく言われますが、全くその通りだと思います。TOEICで点数を取るには、単に英語を勉強するだけではだめという事です。いい点数を取るための攻略本はたくさん出ていますが、基本的な攻略方法、考え方はいたってシンプルです。全く英語ができないひとは別として、TOEICはまさに時間との勝負。少しでも問題を解くスピードを挙げ、最後の読解問題で慎重に確実に問題を解く時間をとれるようにする必要があります。そのためには、前半の文法問題で1秒でも早く解けるようにすることが肝心です。何度も何度も練習問題を解いているうちに文法問題は確実に早く解けるようになるでしょう。ある程度の決まりを見つけて、問題に十分慣れなければTOEICで高点をとることは難しいでしょう。また、TOEICは集中力との勝負ともいえます。リスニングテストを含めると2時間にも及ぶ長時間、ひとときも休むことなく問題を解き続けなければなりません。そのためには日頃から長時間かけて英語の問題を解き、集中力を鍛えておかなければ、2時間という試験時間を乗り越えるのは難しいものです。単語を覚えるといった基本的な勉強はもちろんのこと、問題に慣れる、集中力を磨くことは非常に重要なことです。

英会話の勉強をするならばスピードラーニングで

英会話の勉強の方法はいろいろとありますが、その中でも特にお勧めできるのが、スピードラーニングです。これは非常にお勧めできます。何しろ、ただ聞いているだけでいいのです。スピードラーニングとは英会話をとにかく聞き流すことによって頭に入れるという勉強方法なのです。意外と思うかもしれませんが、これがかなり効果的なのです。ですから、もし英語の勉強をしようと思っているなら、この方法を取り入れることをお勧めします。もちろん、普通に座学で勉強することもお勧めできます。何も勉強方法を一つに限定する必要はないのです。できるだけ多くの勉強をする為に色々と調べて見ることです。スピードラーニングはその中の一つの方法であるわけです。基本的に英会話にも効果があります。とにかく聞き流すだけで耳が英語に慣れますから非常にお勧めできます。基本的な英語力と言うのは単語力ですが、聞き取る、と言うことも非常に大事なのです。ですから、単語は単語で覚えて、聞き取る練習はスピードラーニングで刷る、と言う方法をすることが最も効率的であると言えます。これからは英語は必須の能力となりますから、積極的に勉強することをお勧めします。語学は努力すれば必ず身につけることができます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ